元保育士ママちいたか先生の子育てがちょっとラクになる話

現在は幼稚園児と未就園児を育てる専業主婦。今までの保育経験と育児経験からお役に立てそうな情報をまとめてみました。

もうすぐ父の日 パパが出てくる絵本

あと1週間ですね!
ご実家へのプレゼントの準備はできましたか?うちもそろそろ注文しようかと。

父の日に合わせて参観日があるところもあるかもしれませんね。

うちの子も「すてきなパパ」を毎日熱唱してくれています。幼稚園で練習しているのかな?

今回はパパが参観日にいけそうにないので、そこはちょっとかわいそうかなぁと思いますが。なんとか乗り越えてほしいところです。

さて、パパに読み聞かせをお願いするときにいいかなぁと思って、パパが出てくる絵本を集めてみました。

よかったら読んでみてくださいね!

くっついた

くっついた

1歳くらいからの絵本です。

立ち読みをしてみたら娘が気に入って、そしてパパも気に入ったみたいでその場で購入してしまいました!

表紙の絵は後半のところで出てくる、おかあさんとわたしがくっついているところです。

そして、最後のページではお父さんもくっついてくるんです!

子どもを間に挟んで3人でくっついてる姿がもうかわいくて!

とてもお気に入りの一冊です。

おとうさんがおとうさんになったひ

おとうさんがおとうさんになった日 (絵本・こどものひろば)

昨年くらいだったかな?
Eテレのてれび絵本の番組でやっていたのを見て、うるっときたのを覚えています。

3人の子どもをもつパパさんが
こどもたちに上の子が生まれた頃の思い出話をするというお話です。

親としてはつい自分たちのことを重ねてしまいますね。

きょうはなんのひ

きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)
こちらは私が子供の頃に好きだったお話。
子どもがおかあさんにお手紙をかきます!
その手紙に書いてある場所を見てみると、そこにはまたおてがみが!

それを何度も繰り返しているうちに
おとうさんの上着のポケットの中にたどり着きます。

最終的には両親の結婚記念日だったのですが、その手紙のやりとりが宝探しみたいでおもしろくて。

子供ながらにやってみたくなったのを覚えています。

でも、子供の頃に読んだお話なので、ストーリーの記憶の方が実はあいまいで。

私も子どもたちといっしょに読み返したいなぁと思っています!

こうして見てみると、
絵本の世界では意外にもおとうさんってレアキャラなんですね。

私も子どもたちといろいろ読んでみて、
もっと探してみたいと思います!